ドッグフードの種類とは

動物たちの健康は、特定の要素のみで達成出来るものではありません。動物によっても、必要とする栄養素はそれぞれ異なっていますし、個体差もあります。品種によっても異なりますし、育てられている環境によっても変化は生じます。ということは、まさにその個体に一番遭った餌を与えなければいけないのです。

一例を、ドッグフードから考えてみましょう。飼っている愛犬にどのような餌を与えれば良いのか、という点で迷われたことがある方は多いかもしれませんが、実際にドッグフードには、様々な種類があるため、選び肉かもしれません。具体的には、いわゆる『乾燥(ドライ)タイプ』のドッグフード、缶詰やレトルトなどが該当する『ウェットタイプ』のドッグフード、その中間といえる『セミモイストタイプ』のドッグフードがあります。

ドライタイプのドッグフードは、保存に向いている反面、セミモイストタイプやウェットタイプのドッグフードは保存には向いていませんし、長期保存はできません。また、ドッグフードによって、どのような栄養分が含まれているか、という点も異なっています。飼っている愛犬が、どのような栄養分を一番必要としているのか、という点を理解した上で、選んであげる必要があります。

ドッグフードで動物の寿命が決まる?

私達が考える『家族』という構成の中には、もちろんそれが深い絆で結ばれていることが現れています。いつも同じ空間で同じ時間を共有していますので、それは他の誰かが取って代わることのできない絆である、と言えるでしょう。通常、家族の絆というのは、私達人間だけを指して用いられるものかもしれませんが、それが人間だけではないことがあります。

いわゆる『ペット』として飼われる動物たちは、まさに家族同然として扱われます。といっても、ペットは「飼われている」側です。人間の関係は、そうではありません。そこに大きな差があるのに、果たしてペットを家族、と呼ぶことが出来るのでしょうか。それは確かに、できる、と言えます。なぜなら、私達はただ自己満足のために動物を飼っているのでは無く、確かにその動物たちに、家族に向けるのと同じ『愛情』を持ち、その『愛情』を伴って一緒に生活しているからです。方法は違っても、そこには確かに家族としての絆がある、と言えます。

さて、そのように家族として過ごす動物たちの健康を気遣うのは当然です。悲しきかな、家庭で飼われる動物たちの寿命は私達人間の寿命よりは短いものです。しかし、それでも長い間を共にすることは変わりありません。そして、その動物たちが長生きできるかどうかというのは、飼い主である私達に責任がある、と言えます。では、どのようにしてドッグフードなどの『餌』を、健康に配慮しながら選んであげることができるでしょうか。

Copyright 無添加ドッグフード 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner