ドッグフードの種類とは

動物たちの健康は、特定の要素のみで達成出来るものではありません。動物によっても、必要とする栄養素はそれぞれ異なっていますし、個体差もあります。品種によっても異なりますし、育てられている環境によっても変化は生じます。ということは、まさにその個体に一番遭った餌を与えなければいけないのです。

一例を、ドッグフードから考えてみましょう。飼っている愛犬にどのような餌を与えれば良いのか、という点で迷われたことがある方は多いかもしれませんが、実際にドッグフードには、様々な種類があるため、選び肉かもしれません。具体的には、いわゆる『乾燥(ドライ)タイプ』のドッグフード、缶詰やレトルトなどが該当する『ウェットタイプ』のドッグフード、その中間といえる『セミモイストタイプ』のドッグフードがあります。

ドライタイプのドッグフードは、保存に向いている反面、セミモイストタイプやウェットタイプのドッグフードは保存には向いていませんし、長期保存はできません。また、ドッグフードによって、どのような栄養分が含まれているか、という点も異なっています。飼っている愛犬が、どのような栄養分を一番必要としているのか、という点を理解した上で、選んであげる必要があります。

Copyright 無添加ドッグフード 2017
Tech Nerd theme designed by Siteturner