品質面での不安を無くす

健康な体が日々の食生活から来るというのは私達人間だけで無く動物も同様です。そのためには「いつも」健康的な食事をとり続ける必要がありますが、同時に食べるものの『品質』にも注意しなければなりません。現代は規制が厳しくなったため品質面の問題が生じることは減少しましたが、以前はドッグフードの品質問題が取り上げられることが多々ありました。

安全法が出来る前は、いわゆる『肉骨粉』などの材料が用いられることがあり、それが健康面に悪影響を与えると言う問題がありました。今でもその時の感覚が全く無くなっているわけではありませんので、私達はドッグフードに含まれている原材料、また、購入する購入先にも油断しないで選ぶ必要があります。あまりにも期限が長すぎるものや、よく分からないところから入手したドッグフードには注意するべきです。

ペットには、特定のアレルギーを持っている個体があります。人間と同じく、アレルゲンとなる食材を摂取してしまうと症状が発生してしまうため、餌を選ぶ段階で、そのアレルゲンとなる食材が含まれていないかどうか注意します。動物が掛かりやすいアレルギーに対応したドッグフードも販売されていますので、そういったものを選んであげましょう。

無添加ドッグフードとは

私達人間が、自分たちの食事を考える時、どのようなことに気を付けるでしょうか。用いられている食材の品質はもちろん、自分の体にマッチしたものにします。少し体重が増えてきて、炭水化物を減らした食事を取りたい、と思うのであればそうすることができます。また、できるだけ自然のものを取り入れたいので、無添加のものを優先的に選ぶことがあるかもしれません。生産地やメーカーなどにも注意を払います。そうすることによって、より自分にとって良いと思えるものを選ぶことができます。

ペットは、自分でそうすることが出来ませんから、私達はそのように自分たちの食事を考える時のように、犬に与えるドッグフードも選んであげる必要があります。動物たちの健康に配慮するために出来ることは多くありますが、その一つが、『無添加』ものを選んであげる、ということです。なぜ無添加のものが良いのでしょうか。

いわゆる『添加物』には、長期間品質を保たせるための保存料や、文字通り酸化を防ぐための酸化防止剤、その他合成着色料などが用いられていることがあります。本来これらは健康には良いものではありません。ですから、そういった着色料や香料などの添加を使用していないドッグフードを選んであげることは、良い方法です。

Copyright 無添加ドッグフード 2016
Tech Nerd theme designed by FixedWidget